地デジアンテナを設置するために必要な基礎知識

地デジアンテナの種類

テレビを見るためには、アンテナを設置しなければなりませんよね。実は、地デジのアンテナの一口に言っても、種類があり、「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」の2つに分けられます。

八木式アンテナは昔からあるタイプのもので、屋根に取り付けるタイプです。当然、風雨にさらされる事になるので損傷を受ける事もあります。価格は3000円から7000円前後で購入できるので、比較的安価で手に入れやすいです。

デザインアンテナは、薄くて小型なもので、色のバリエーションがありデザイン性も抜群です。壁面に取り付けたり、屋根裏に取り付ける事が出来るのでスッキリして見えます。値段は少し高く、1万円前後かかります。

地デジアンテナの設置方法

アンテナは購入するだけではなく、設置しなければ意味がありません。2つの種類の地デジアンテナは、設置方法も違ってきます。

八木式アンテナは、屋根にしっかりと固定して取り付ける必要がありますが、大きな物となるので設置するのは専門の業者でなければ難しいでしょう。電波状況を確認して、設置する場所を念入りに選ぶ事が大事です。

デザインアンテナは、壁面に取り付けるため、どうしても屋根に取り付けるよりも電波が弱くなる傾向になります。壁の高さも必要となり、取り付ける壁面の電波が悪い場合は、取り付ける事が難しい事もあります。

どちらを設置するか決めた場合でも、きちんと保証をしてくれて経験のある専門の業者さんに頼んだり、相談してみると良いでしょう

アンテナ取り付けや配線などの工事は自分でも行えますが、作業は高所ですることが多く、専門の知識も必要です。そのため、アンテナ工事は専門の業者に依頼するとよいでしょう。