テレビの画像が気になるあなた、アンテナは合っていますか?

アンテナの選び方は大丈夫?

自宅を新築又は転居した時に一番気になる事はテレビのセットですね。
最近のテレビはIT機器の発達になどで、テレビの選局やチューニングなど素人では正しくセッティングすることが難しくなっています、その最たるものがアンテナの選び方です。マンションや新築の場合は共同アンテナや新築業者の手助けで何とかなりますが、転居の場合は自分で選択する必要があります。下手な知識ではかえって混乱してしまうので、少し費用が掛かったとしても業者に最適な環境を選んでもらうことがベストです。

アンテナの種類はこんなにあります。

アンテナの種類には大きく分けて、VHFアンテナ、UHFアンテナ、UHFアンテナ(地上デジタル放送用)などがあります。
マンションの共同住宅や電波状態の悪い地域では、多素子のアンテナを使って目的の電波を受信していますが、一戸建ての場合は素子数の違いによって最適のアンテナを選ぶ必要があります。アンテナの売り場にはいろんなアンテナが売られていますが、VHF用とかBS用など見るチャンネルの周波数に合わせて選ぶ必要があります。アンテナを購入する場合は、近所のアンテナを確認するとか購入する店の店員さんに相談する事などが大事です。

地デジアンテナとはどんなもの?

地デジアンテナには大きく分けて3種類があります。
一般的な屋外用の八木式アンテナ、屋内・屋外兼用のアンテナ、屋内用のアンテナがあります。
それぞれ住宅の環境に合わせて購入する必要があります。

デザインアンテナにも色々あります。

アンテナには一般的に、八木式アンテナと呼ばれる魚の骨のようなアンテナが主流です。この他に、デザインアンテナと呼ばれる平面薄型タイプのアンテナがあります。平面薄型タイプとは 薄型アンテナ、平面アンテナ、フラットアンテナなどの種類があります。

住宅でアンテナ設置を行う際は周囲の環境を考慮するのが正しい対処法です。障害物や高圧線が近くにあると電波が適切に受信出来ないので、アンテナに補助装置を取り付けて状態の改善を図ります。