知っておくと安心!墓じまいに必要な手続きと注意点

墓じまいを選択するメリットとデメリット

墓じまいとはその名の通り、自分の先祖が眠っているお墓を撤去する作業になります。近年では少子化などの影響によって、自分が亡くなった後にお墓を守ってくれる人がいないことで無縁仏になってしまうケースも少なくありません。そういったことにならないように、生きている間にお墓を撤去するという選択が墓じまいです。

墓じまいはお墓を撤去してしまうことで、それまで掛かっていた維持費などの支払いが必要なくなるのがメリットと言えます。その反面、遠方に住んでいる人はお墓参りをする機会がなくなることで故郷への足が遠のいたり、寺院などにお墓がある場合は離壇料を支払わなくてはいけないなどのデメリットもあるので注意が必要です。

墓じまいの申込みから完了までの流れ

墓じまいをする時は、まず最初にお墓のある場所を管理している役所などの公共機関に行って改築許可申請の書類を貰う必要があります。この時にお墓を管理している霊園や寺院から捺印と署名を貰うことを忘れてはいけません。

次に新たに永代供養をする場所から遺骨を納骨する許可を貰います。墓じまいはただお墓を解体するだけではなく、散骨などの特殊な例を除いてお墓に眠っている先祖の遺骨を別の場所に移す作業が必要です。そのため、事前に新たに遺骨を納める場所を決めておくことが重要になります。

その後再び公共機関行き、改葬許可書を貰うことでそれまで使用していたお墓の解体を行うことができるのです。お墓を解体したらその場所は更地にするのが一般的ですが、ケースによっては依頼する解体業者を巡って寺院や霊園とトラブルになってしまうケースも少なくありません。このようなトラブルが起きたら速やかに弁護士に依頼することが大切です。

墓じまいの手続きを進めるにあたり、宗派ごとのしきたりや、おおよその費用を予め確認することが大切です。