子供が喜ぶワッペンの可愛い活用法を知っておこう

通園や通学のグッズにワッペンを付けよう

子供の通園や通学グッズを手作りする際に、オリジナリティのある可愛い物に仕上げたいなら、ワッペンを活用するといいですよ。ワッペンには、糸で縫いつけるワッペンもありますが、アイロンの熱で接着できる商品も多く、手軽に取り付けられるアイテムです。バッグやハンカチ、靴下など色んな布製品にワッペンを付けてみましょう。

子供が好きな動物やキャラクターのワッペンを付けておけば、可愛い目印になって、子供が自分の物をきちんと認識できるようになります。手芸用品店や100円均一ショップのワッペンを売っているコーナーに子供を連れて行き、一緒にワッペンを選ぶのも楽しいでしょう。

おうちで使うグッズにもワッペンを付けよう

ワッペンは、おうちで使うグッズにも活用できます。ランチョンマットや子供用のエプロンにワッペンを付けておけば、食事の時間がより楽しみなものになり、子供が喜んで食事を味わえるようになります。

また、ワッペンを使っておもちゃを作るのもおすすめです。1ページごとに異なるワッペンを接着したオリジナルの布絵本、布で作った立方体に数字のワッペンを貼り付けたサイコロなど、アイディア次第で色んなおもちゃが手作りできます。ひらがなのワッペンを並べたタペストリー、国旗のワッペンを使ったタペストリーなど、タペストリーを作って壁に掛けておき、文字や社会に関する知識を増やせるようにするのも良いでしょう。

可愛いワッペンを様々なシーンに取り入れて、子供が楽しく生き生きと過ごせる環境を整えて下さい。

ワッペンとは衣服の袖や胸、帽子などに付けられる装飾のことで、主に西洋風の盾形のデザインであることが多いです。