占いが当たる場合と当たらない場合何が違うの?

占いの的中率の仕組みとは!?

100%の確率で当たる占いは存在しません。しかし、高い確率で当たる占いは存在しているようです。占術の種類は多種多様ですが、大別すると東洋占術と西洋占術に分けられます。一体どちらがより高い確率で当たるのでしょうか。

東洋占術と西洋占術の違い

諸説ありますが、東洋占術は、陰・陽+四大元素(火・地・風・水)をベースとしており、西洋占術は四大元素(火・地・風・水)のみを用いて占うという違いがあるようです。そして東洋占術は、「運命は変えられない」、西洋占術は、「運命は変えられる」としています。これらの内容を考慮すると、占う内容によって占術を変えることで的中率は上げられると考えられます。

占い結果は自分で決めている?

あなたは悪い結果が出た場合それを信じることができるでしょうか。おそらく拒否する人がほとんどだと思います。人間は自分の望む結果だけを受け入れるという傾向が強いです。仮によい結果が出たとしても、自分が最悪の状況であればそれを素直に受け入れられず、「そんなに良いことが起こるとは思えない」と拒否するでしょう。つまり、占い結果は占う前から本人が決めている、という可能性は否めません。

占いとの付き合い方を見直そう

仕事で挫折したり失恋したりすると占いに頼りたくなります。しかし、占いをする時は結果を参考程度にとどめ、自分の未来は自分が決めるという強い意志が必要かもしれません。自分を客観的に捉えられるようになると、占い結果は一つの可能性でしかないことに気づくため、振り回されることがなくなるでしょう。直面している状況への先入観を取り去ることで洞察力が増し、占い結果に勝る素晴らしい状況を引き寄せることができるようになるかもしれません。占いの的中率はあなたの気持ち次第で変化するでしょう。

電話占いのランキングは、電話占い利用者の投票によって運営されていることがほとんどです。実際に体験した人間の、リアルな実感が反映されているのです。