設計や研究を効率化してくれる方法はこれ!

製図の自動化のメリット

製図は従来ドラフターという製図道具を使って手書きで行われてきました。しかし、いろいろな変更や修正が入ると原図を消しゴムで消さなければならなくなり、真っ黒になって質が低下してしまいます。また、周辺の記述も消えてしまい、整えなければならないので手間でもあります。さらには、原図の修正になりますので原図がある場所でしか対応できずに非効率です。それを解決するのがCADで、製図をパソコン画面上で行うことができ、修正もきれいに行えますし、データのやり取りができますので誰でもどこでもCAD環境さえあれば対応できます。

色々なことができるCAD

CADは従来2次元の図面しか対応できませんでしたが、3次元のモデルや解析機能が備わるようになりました。これにより、3次元モデルを作成して、応力解析や熱解析などを行い、問題なければ2次元の図面を3次元モデルから作るという効率的なプロセスが実現しました。また、解析と製図を同時作業することができますし、3次元モデルを共有することで解析もいろいろな種類を同時に行うことができます。

CADソフト活用の注意点

CADはいろいろな仕様があり、値段もリーズナブルなものから高価なものまであります。どのような設計や研究プロセスにするかや何を行いたいかを明確にすることでソフトの選定をすることが重要です。また、データーは共有可能なファイル形式をつかうことでソフト間で使うことができますが、場合によっては文字化けや形状崩れが生じますので確認をすることが必要になります。

電気CADとは電気設計を主にしたCADで制御盤や配電盤などのパーツをクリックするだけで配置が可能になります。