速い!正確!CADを導入するメリットとは?

手書きで製図するよりも速い

CADに慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、基本操作を一度覚えてしまえば、手書きで図面を作成するよりもCADを使用するほうが格段に便利でスピーディーです。指定した数値どおりに線分を描いたり移動したりが瞬時に出来るので、いちいち定規で測らずとも正確な図面が作成できます。また、よく使う部品などを登録しておけば、毎回いちから描く必要はなく、まったく同じものを簡単に使いまわせて効率的ですし、誰が製図しても同じ図面が完成します。

複製して別の図面に応用できる

似たような図面がいくつも必要なときってありますよね?ここまでは同じだけど、この部分だけは少し違うパターンにしてほしいなど。そんな時にはCADの出番です。まず、元となる図面を作成し、それを必要な分だけ複製して使いまわせばよいのです。修正や変更が必要な箇所だけを描き直して再度保存を行えば、別パターンの図面が完成します。パソコン上での作業なので変更や修正はいくらでも可能ですし、別のCADファイルから作業中のCADファイルへ必要な箇所だけを複製して移すことも容易です。手書きの図面ではそうはいきません。

別のソフトとも互換性がある

CADファイルを取引先に送付することは日常的に行われます。しかし、様々なCADソフトが存在しており、取引先が同じソフトを使用しているとは限りません。そこで、別のソフトでもファイルを開けるように、互換性のある拡張子に変更して送付することはよくあります。CADがない場合でも、イラストレーターで開くこともでき、せっかく作成した図面が開けないという心配はほとんどありません。

このように、CADの導入はプラスになること間違いなしです。

水道CADとは、上下水道工事の際に市町村への申請書類として、コンピューターで作成する図面のことを言います。