早めに知っておきたい! 墓じまいの基本知識

そもそも「墓じまい」とは?

先祖代々の墓を持っている世帯はたくさんありますが、いろいろな事情により墓の管理が難しくなっている事例があります。墓が遠方にあるため、高齢になると墓参りが難しいとか、子どもがいないので墓の後継者に困るなどの事例です。こうした状況になったときに考えたいのが「墓じまい」です。具体的には、遺骨(骨壺)を取り出し、墓石を解体して更地に戻す行為を差します。本来であれば代々の管理を続けられればよいのですが、社会の変化により墓の管理が難しくなることはめずらしくありません。「墓を荒れさせてしまうよりは、きちんと処置をして課題を解決しておきたい」と考える人にとって、墓じまいは有力な選択肢です。なお、取り出した骨壺は、永代供養の施設に移したり、散骨したりする選択肢があります。

墓じまいの手続きについて

墓じまいは、個人的な気持ちだけでは行えません。遺骨の管理や移動には行政上の手続きや寺院との話し合いも必要です。墓じまいを行うと決めたら、遺骨を移す場所を決めましょう。基本的に「自宅で管理する」という主張は通じないので、新しい墓地や散骨場所を契約して「受入証明書」を発行してもらってください。次に、墓を管理している自治体から「改葬許可証」を受け取りましょう。少なくともこの2つの書類がないと墓じまいは行えません。一連の手続きを代行(アドバイス)してくれる業者があるので必要に応じて利用すると便利です。遺骨を取り出す際には、閉眼供養を行う場合があります。この供養が必要な場合、付き合いのある寺院に連絡して日程を調整してください。

身近な親族がいなくなりお墓を守れなくなったときに墓じまいを検討する方は多いです。しかし実は墓じまいの費用が結構かかるのです。現在の墓地の場所、移転後の納骨の方法によっても料金が変わってきます。